健康は決して安くない。そして健康は何物にも代えがたい。

安くて良いモノは無い

価値とコストは比例する

関西人特有の価値観に
「安くて良いモノを」
があります。

ですが

この業界に関して
私は断言します

「安くて良いモノ」とは
「値段の割には良いモノ」
という事です。

決して値段以上のものには
なり得ません

「高くて良いモノ」と比べた時
その差は歴然です

皆さんも経験された事が
ありませんか?

「やっぱり高いモノは全然違う」
という経験を。


時代は「紛らわしい」へ

今、業界は大きな問題を
抱えています

「高くて良くないモノ」が
増えつつある事です

それを見極める術と経験を
患者様は持ち合わせていません

そもそも
持っていないから
専門家を頼る訳です

でも、その頼った専門家が
「信じるに足るかどうか」
を確認ができない。

「選ぶこと」
それがとても難しい時代に
なっています


貴方は

そんな難しい判断を迫られる貴方に
私から伝えられる事。

本当に良いモノは
それなりのコストを要する

そして

「耳の痛い話」が多い

という事です。

それはアナタの欲望に
応えるのではなく

貴方のカラダと向き合う証だと
思ってください