健康は決して安くない。そして健康は何物にも代えがたい。

「背筋」は「伸ばす」ではなく「伸びる」もの

背筋は「伸ばす」ではない

本来、意識して伸ばすものではありません。

綺麗な姿勢を大切にする日本では、小学生どころか保育園、幼稚園から綺麗な姿勢を指導される事があります。

その流れのせいか「背中を反る」事で背筋を伸ばそうとする人が沢山います。

患者さん
背筋を伸ばすのは意識しています

こういう方も多いです。

基本的に「背筋を伸ばす」という意識的な行為はアウトです。

背骨が不自然に反る・緊張する事で「見た目は綺麗」で「カラダは不自然」という矛盾を抱え込む事になります。

酷い場合は肩甲骨の間あたりにピリッと痛みが走るケースもあるくらいです。

「背筋は伸ばすものではない」

この事をまずは理解してください。

背筋は「伸びる」もの

自然と伸びるのが背筋。

背筋は意識的に伸ばしてはいけない。

だったらどうしたら良いのかという話になります。

答えは簡単で「背筋は勝手に伸びるもの」となります。

AI制御で自動的に背筋が伸びる訳ではありません。力学的に伸びる構造をしているのです。

詳しい話はここでは省きますが「背筋を綺麗に伸ばしたい」「綺麗な姿勢を作りたい」という場合は、背中を反って「無理に伸ばした姿勢」を作るのではなく、「背筋が伸びる」自然な姿勢を作り上げる事が大切です。

背筋伸ばしに背中を参加させると、背骨を痛める可能性がとても高くなりますのでご注意を。