健康は決して安くない。そして健康は何物にも代えがたい。

背骨の歪みはあてにしてはいけない

あてにしちゃダメ

背骨の歪みを確認して、それを「真っすぐ」にする。

その一連の流れが「背骨矯正」であり「姿勢矯正」であるとしている院も多いです。

コンピュータを導入して画像化するサービスもあります(リースで結構高い。)

でも、カイロプラクティックを学んだ人間、医学を学んだ人間なら誰もが知っている事があります。

 

背骨の歪みは
あてにならない

 

何気にとても大切な事です。

知っておいて欲しい

これは是非、患者さんに知っておいてもらいたいことです。

患者側がこれを「知っている」か「知っていないか」で先生側の説明が全く違ったものになってきます。

患者さん
で、それは何なの?

ズバリ

 

背骨の棘突起は
先天性奇形がとても多い

 

つまり、背骨が綺麗にまっすぐの人の方が少ない(かもしれない)。

正常でも「背骨が歪んで見える人」が沢山いる。

つまり「真っすぐじゃないから歪んでいる」という仮説自体が曖昧だという事。

  • 現象としては歪みがある
  • 「だから異常である」という論理は乱暴

そして「歪んでいるから矯正で戻しましょう」はもっと乱暴。

「正常なのか異常なのか」の判断ができていないからです。

歪みより動きが大切

骨が歪んでいるかどうか。

それで「カラダの異常」を判断するのは無理です。

そこで「関節の動き」を判断することで「カラダの異常」を判断します。

  • 骨が歪んでいるかどうか【×】
  • 骨が動いているかどうか【〇】

この「歪み」と「動き」のダブルチェックをする先生は信頼に足ります。

治療家・院を選ぶ際にはぜひ、目安にしてください。