千里丘 全身調整
もし、あなたが「本当の健康って何だろう?」と思ったとき、お気軽にお問い合わせ下さい。

代償の連鎖

代償性もまた繋がる

「代償性」については別記事でまとめましたが、

関連記事

代償性についてのお話[…]

IMG

ここでは「その先」のお話をしようと思います。

カラダの持つ優れた「力の代替機能」を「代償性」と呼びますが、それは「1回限り」の能力ではありません。

代償性は連鎖する

この事実を覚えておいてください。

代償性が繋がる時

代償性とは「庇いあい」です。

本来の働きが難しくなった筋肉・関節をカバーする為に、周辺の補助筋が運動に参加する事で成り立つ「代わりの運動」です。

「代わりの運動」なので当然「本来の動き」とは全く異なります。

 

似ているけど別運動です。

 

ここで何が起こっているのか。

  • 本来の筋肉:機能不全
  • 代わりの筋肉:負担を背負ってサポート

この「ちょっと無理した状態」が代償性運動の代償(デメリット)です。

正常ではない筋肉と、本来はその仕事を受け持っていない筋肉の連携ですから、当然負担は溜まります。

特に「応援に駆け付けつけた筋肉」にそのしわ寄せ(負担)が向かいます。

そして「応援にきた筋肉」がその負担に耐え切れなくなった時。

 

新たな代償性が生まれます。

 

カラダが更なる負担を背負ってでも「パフォーマンスを落とさない様に」帳尻合わせをしてくれているのです。

  • 力は何とか出せる。
  • カラダは負担を抱え込む。

問題は「自覚症状が出ない」という点です。

自分のカラダに何が起こっているのかを感じ取れないと、問題がドンドン根深く厄介になっていきます。

出る時は一気に出てくる

この代償性の連鎖。

カラダを庇う為の生理反応ですが、不自然な力の流れで支えるカラダは負担が蓄積していきます。

循環系の機能が低下していく為に、疲労回復が間に合わなくなるからです。

そして、代償運動はより多くの筋肉に参加を要請する為、カラダの柔軟性が徐々に失われます。

常に緊張を抱え込む筋肉が増えていくのです。

そんな「がんじがらめ」の状態なので、問題が「痛み」となって出てくる時は一気に出てくる事が多いです。

ご注意ください。

負担のババ抜きが起こっている

代償性の連鎖とは何なのか?

言ってみれば「負担のババ抜き」みたいなものです。

  • 元気な間は正常な筋肉が頑張ります。
  • 偏りが出ると「代償作用」が始まります
  • 限界を迎えると「新たな代償作用」へ繋げます。
  • 代償の連鎖がタネ切れになると・・・・・
  • 「大爆発」を引き起こします。

何処で負担が「痛み」「痺れ」に化けるかはわかりません。

でも、発症という形で表に出てくるまでは「代償の連鎖」で凌ごうとする。

どの筋肉・関節がババを引くのかは個人の生活次第です。

 

 

 

 

 

  • 代償に任せると違和感は無いが身体は負担
  • 痛くは無いけどおかしな動き
  • 問題が出る時は一気にくる事が多い
  • 代償に逆らうと何処かが突っ張り痛みやツリを感じる
  • 正しい動きだけど痛みや違和感
  • 緩いが常にある慢性痛

こういうこと

  • 最初は代償で受け渡し
  • 最後の場所が発火点となる
  • 痛みの場所が始まりという勘違いが複雑にする
  • 今も負担のババ抜きはその身体で起こっている。
NO IMAGE

ひとりでは、たどり着けない健康がある。

JR千里丘駅徒歩3分。
トシオとイクミの俊カイロは
千里丘で唯一「ヒト本来のカラダ」を創り上げる院です。

常に「本質的な健康」を追い求めます。

「即効性」を求める方は他院様をご検討下さいませ。