まず、自分が理解する事。

※筋肉・神経・身体についての記述は全て「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」の理論となります。

曖昧な理解で進まない事!

そこから停滞が始まるぞー

例えは悪いが「嘘」で示そう

積み上がると手に負えない

皆、何処かで経験するはず

誰もが10代で一度は経験すると思いますが、見栄や虚栄、恥ずかしさから「小さな嘘」をつく場面は出てくると思います。

自分を守る為、その場を取り繕う小さな嘘が多いかな。

そして、そこから始まるのが「小さな嘘の連鎖」です。

自分のついた嘘をごまかす為に新たに小さな嘘をつく。その小さな嘘を隠す為にまた小さな嘘を重ねる。

段々と「本当と嘘」の境目が見えなくなり、嘘が日常になってしまうと「大切なものを失って思い知るまで」後戻りできません。

「理解」に関しても全く同じ状況が起こります。

どうしてそんなことが言えるのかだって?

決まってるじゃないか。

経験したからだ!

そういう事を教えてくれる人が近くにいなかったのだ。

まず自分が理解する事。

筋トレ、ストレッチ、戦術。何にしても必ず自分が「なるほど」と納得がいくまで理解をする事。それが大事です。

どうなったら「理解」と言える?

理解ができた目安は主に2つの指標でわかります。

しっかり理解の2大条件

  1. 自分の言葉で説明ができるかどうか
  2. 幼稚園児が理解できる様に伝えられるか

この2つの条件を満たしていない場合、「何となくわかったつもり」になっているだけです。そのまま進むと「進んだ感じがするだけ」に陥ります。要は「頑張ってるのに結果がついてこない」という悪循環です。

なんでだよぉぉ!!!

原因は明らかです。

曖昧にしてきたツケが回ってきたのです。

つまり「自分で理解する」とは「曖昧にしない」という事ですね。

曖昧は曖昧を生む。

「何となく」の曖昧な理解のまま前に進むとすぐに壁にぶつかります。「曖昧な理解」では次の課題がこなせないからです。そこでまた「曖昧な理解」を使って煙に巻いてしまうと戻れなくなります。

とても楽だからです。

皆さんも経験あるはずです。よくわからない説明を受け「あぁ、ハイハイ成程ね」とわかったふりをして取り繕う事が。

それと同じことです。

曖昧な理解は避けて下さい。何度でも質問して調べて「自分の言葉で理解をする」事を最優先にしてください。

一番恐れるべきは「曖昧で次に進む事」に慣れてしまう事です。

アインシュタイン先生も言っている

あのアインシュタイン先生も言っています。

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

私もベンチャー企業時代に社長から教わりました。

小学生が考えなくていい様にしろ!

これは本当に勉強になりました。

皆さんはまだ10代です。今からその癖をつけておけばアスリートとしても社会人としても最強候補になれるはずです。

頑張れ!

>>「決して曖昧のままにしない事

2軸動作を学びたいならお気軽にどうぞ!

千里丘駅西口から徒歩5分、産業道路沿いにあるトシオとイクミの俊カイロプラクティック院では大人・子供問わず「2軸動作」を学ぶ「からだの学校」を開催しています。

北摂地域で専門的に2軸動作を学べるのは当院だけ(のはず)なので、身体をもっと使いこなしたい、自分の限界を突破したいという方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る