決めたら迷わない

※筋肉・神経・身体についての記述は全て「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」の理論となります。

迷いは捨てる事。

迷った分だけ躊躇いが生まれる

動き出す前に迷い切ること

学生アスリートは自分の取り組みに対して自信が持てない事が多いです。「即効性」を重視する傾向があるというか「結果が出ないと失敗・無駄」と考えてしまい、結果保証や安心材料を求めてしまいます。

これは常に誰かと比べてしまうので仕方が無いのかもしれません。

自信が持てないという事は「確信が無い」という事であり「迷いがある」という事。

迷うこと自体は間違っていませんが、それは「動き出す前」に済ませておきましょう。とことん迷い、決めたら動じない。

それが「迷い」との上手な付き合い方です。

無理に振り払う必要は無い

学生アスリートに多いのは「迷いを振り切る事」です。迷いはあるけど考えない様にするのが正にそれ。

それは駄目だ。

それは正に「曖昧にして進む」という事。絶対にしてはいけない、絶対に「思考の癖」にしてはいけない行為です。

とことん悩めばいい。

ここで「急いで走り出す」から学生アスリートは迷います。「立ち止まっている間に差が開く」と感じる選手も多い様です。

慌てなくていい。存分に悩め。

悩んで悩んで、自分なりに結論が出るまで動く必要はありません。「曖昧なままの始動」は何もかもが中途半端に仕上がります。

それは「前進してる感じ」がするだけで「足踏み状態」と同じです。

  1. 迷いを抱えての前進は時速5㎞です。
  2. 迷いのない前進は時速60㎞です。

遠慮なく悩みましょう。但し!学生アスリートに多い「悩む事で満足する」事は絶対にいけませんよ!

もう、訳わかんねーじょぉ!

大丈夫、悩むふりは「できない理由」ばかりが思い浮かびます。原因を自分以外の物に押し付けています。

一方で「正しく悩む」とは「常に考える」という事です。それは「どうすればいいか?」「どうすればできるのか?」と可能性を常に追求する姿勢となります。

目的がはっきりしており、そこに辿り着く道を探している限りは「前向きな検討」しか生まれませんので大丈夫です。

本当にわからなくなったら、素直に助けを求めましょう。

何処に?

北摂2軸の学校じゃん!

決めたら前進あるのみ

私は、ひとたび自分が正しいと思う道を歩きだしたら、ゴールに到達するまでペースを崩さない。

別に自分が「正しい」とまで思う必要はありませんが「よし、これで行くぞ」と決めたら後は前進あるのみです。周囲から色々な意見が出てくると思いますが耳を傾けつつ、自分の道を爆走してください。

望んだ結果、望んでいない結果どちらになっても得るものは大きいです。

無駄な事は何一つありません

試すだけ試して「継続するか or 方向転換するか」を決めれば良いのです。

決めたら動く。それだけの話です。

2軸動作を学びたいならお気軽にどうぞ!

千里丘駅西口から徒歩5分、産業道路沿いにあるトシオとイクミの俊カイロプラクティック院では大人・子供問わず「2軸動作」を学ぶ「からだの学校」を開催しています。

北摂地域で専門的に2軸動作を学べるのは当院だけ(のはず)なので、身体をもっと使いこなしたい、自分の限界を突破したいという方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る