常に考えよう。前に進むために

※筋肉・神経・身体についての記述は全て「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」の理論となります。

常に「より良い道」を模索しよう

常に模索を続ける努力を!

例によってエジソン先生の言葉を借りていきます。

常に変化を模索しよう

絶えず変化を求める気持ちと不満こそが、進歩するために最初に必要となるものである。

ある程度の結果が出た時点で人は安心してしまいます。

そして周囲に追いつかれます。

常に変化を求めてください。「今日より明日」「より良い形を」模索し続けましょう。

アスリートの道は引退の日までエンドレスです。

アインシュタイン先生も言ってた

あの有名なアインシュタイン先生も言っています。

大切なのは、自問自答し続けることである。
  • 「今のこれが最善、最高なのか?」
  • 「もっと良い形があるんじゃないか?」

常に自問自答しましょう。答えが出る日は永遠にありません。

何故なら模索する限り、アップデートが繰り返されるからです。

知らない事の方が多い事を自覚しよう

われわれは何事についても1パーセントの100万分の一も知らない

私達は知らない事の方が多い世界を生きています。10代なんて特にそうです。

学校の教科書なんて情報の幅が狭すぎます。身近な社会が「学校」「学年」「クラス」な訳ですから世界の広さどころか社会の広さすら見えていません。

知らない事だらけなのです。

自分は知らない事の方が多い。

その現実を自覚した上で、常に模索を続けてください。小さな世界に閉じ籠らない様にして下さい。

それはアスリートとしてに限らず人間としての幅を狭めていきます。

大事なポイント!

〇常に前進の気持ちを持とう!
〇10代で何かを極めるのは不可能
〇思い上がりより謙虚に進もう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る