失敗こそ財産

※筋肉・神経・身体についての記述は全て「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」の理論となります。

失敗したら赤飯炊こうぜ!

失敗は成功への近道です。

いきなり成功する方が後々怖いんです。「失敗の経験が無い」まま突き進むからです。

躓いた回数だけ、踏ん張れる力が育つと思って下さい。

失敗を責めないで下さい。

上手にできなかったことを責めないでください。

  • 「こうすればよかった」
  • 「〇〇が足りない」

こういった叱責に近い言葉をよくコーチ役のお父さんから聞きます。

子供の進歩は段階的です。いきなり「結果」を求めるのは酷です。

それよりも「できた事」や「できた部分」を褒めてあげましょう。別にヨイショする必要はありません。言い方を少し変えるだけです。

  • 良い部分を褒める。
  • 悪い部分は次の課題にする。
今の〇〇、、良かったぜ
次は××を、△にしてみるか

こんな感じでステップアップを図ってあげましょう。

「できたかどうか」より「手応え」を

どうしても大人は「目で見える成果」を求めてしまいます。変化を見て取れるので安心できるのです。

費やした時間と労力が無駄では無かったと。

無駄なんて1つもありません。

失敗であっても伸び悩みであっても、それは成功と肩を並べる「財産」です。「経験する」という事に上も下もありません。

目で見える結果を急ぐより、子供の中に育つ「手応え」の感覚を大切にしてあげてください。

あ、何となく掴んだじょ!

まだうまくはできない。でも何となくわかった気がする。そこまで来れば後は「いつ形になるか」だけの問題です。

そう、実質もうできているのです。

掴みができたら後は熟練させていくのみ。それはひたすらの反復練習です。

体重が乗る、重心移動ができる、そういった「本質的な手応え」を子供に感じさせてあげてください。

嘘みたいな本当の話「1度掴めば勝手にできる様になります」から。

指導の際のコツ

生徒を教えるのと違って、我が子を教える時はどうしても厳しく、急ぎがちです。

簡単なコツをお伝えしますので、頭の片隅にしまっておいて下さい。

意識するのは1つだけ

何かを修正しようとしている時、修正ポイントは沢山あると思います。

そんな時は多々ある修正ポイントを優先順位で並べ、優先順位の高いものから取り組んでいきましょう。

意識するのは1つだけ

間違っても複数ポイントを設定しないで下さい。子供からすると「せっかく1つできたのに水を差される」状態になります。

これはモチベーションを著しく下げます。そしてここで良くこのセリフを聞きます。

何でできへんねん!
それができるなら簡単やろ

これは絶対に避けてください。子供は小さな1つの階段を登れた事を喜んでもらいたいのです。

一緒に喜んであげましょう。本気で。

とにかく1つだけ修正する。他は今回は捨てる。

その繰り返しで最終的には「型」が仕上がる。それで十分成長していきます。

ただ、お父さんが求める「今」じゃないだけです。

積極的に失敗を積み重ねよう

できない事を叱るのではなく「沢山の失敗」を積み上げていく事が大事です。

勉強だって同じではありませんか?その時の点数より「×の復習」が大事です。

おめぇ、やるじぇねぇか

としっかり点数を褒めてあげましょう。

そこから

最後の総仕上げと行くか

と×の総復習に入りましょう。

あと2問で100点だったのに!

これ絶対にアカンやつですよ。

「できた」は「できない」の先で待っている

慌てないで下さい。急がないでください。

「できる」のはあらゆる「できない」を消し込んだ先です。必ずできるから大丈夫です。

それより怖いのは「最初からできちゃった」というパターン。これが怖い。

最初からできると親としては誇らしいですが、アスリートとしては足元が不安定になりがちです。

最初からできるとスランプの時に抜け出せなくなるケースが多いからです。何故ならそれは「たまたま」アタリを引いただけだから。

くら寿司のビックラポンで5皿食べたらいきなりレアが出たー!みたいなもんです。

失敗を積み重ねた結果、辿り着いた「型」は取り戻すことが簡単。たまたま手にした「型」は失うと取り戻すのが大変なのです。

2軸動作を学びたいならお気軽にどうぞ!

千里丘駅西口から徒歩5分、産業道路沿いにあるトシオとイクミの俊カイロプラクティック院では大人・子供問わず「2軸動作」を学ぶ「からだの学校」を開催しています。

北摂地域で専門的に2軸動作を学べるのは当院だけ(のはず)なので、身体をもっと使いこなしたい、自分の限界を突破したいという方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る